ボールペンと、お絵かきソフトSAIを使った、1000~5000円くらいでできる簡単なLINEスタンプの作り方紹介の2回目お絵かき編です。

お絵描き編では線画の作成から、SAIを使った色の塗り方を紹介していきます。

~準備編~
1.作るイラストの種類と枚数
2.準備するモノと値段

~お絵描き編~
1.線画を描く
2.スキャナで取込み
3.色を塗る

~登録編~
1.画像サイズの調整
2.LINE Creators Marketに登録

1.線画を描く

LINEスタンプを作るとき何からはじめればよいのか。

A4の紙、シャープペン、ボールペンを使って線画を描いていきます

まずA4の紙にシャープペンで下書きを描きます。

A4の紙を8分割するように折目をつけ、そのひとつひとつにスタンプひとつぶんの絵を描いていきます。

1枚の紙に8個の絵を描くので、5枚ぶん描いていきます。

下書きが終わったら、ボールペンで清書します。

トレース台がある人はトレース台を使いますが、トレース台を持っていない場合は下書きをボールペンでなぞって、後で下書きを消しゴムで消します。

ボールペンで線を描く時のコツですが、2度3度同じ線をなぞります。こうすると割りと薄めなボールペンの線が濃くなるのと、太さにムラが生まれて味が出てきます。Gペンで描いたときのよさをボールペンで再現したいなぁ、という感じです。

これで線画は完成です。

2.スキャナで取込み

線画が完成したらスキャナで取り込みます。

家にスキャナがない人はコンビニで取り込みます。ぼくはコンビニへ向かう派です。

絵を描いた紙USBメモリを持ってコンビニまで行き、複合機へと向かいましょう。

どこのコンビニの複合機でもだいたいスキャン機能はあるので、画面の指示に沿ってスキャンしていきます。

1枚30円でスキャンできます。

3.色を塗る

線画をスキャンしたら絵に色をつけていきます。

まずは背景を透過させて、線画のみを抽出します。これをやらないとキャラクター以外のところにも白色がある状態になってしまいます。

線のみ抽出したら、バケツツールでいっきに色を塗っていきます。

色を塗り終わったら、縁取りをします。

絵のまわりに薄く色を付けて、スタンプを使うトークルームの背景が黒い場合などにも絵が見やすいようにするためです。

上の画像ではわかりやすいよようにピンクにしていますが、白や薄い黄色などに色を変え、透明度を50%くらいにすると綺麗にできます。

つづく

ボールペンとSAIで簡単LINEスタンプの作り方~登録編~

ボールペンとSAIで簡単LINEスタンプの作り方~準備編~

夏休みだ!のんびりくらげのLINEスタンプ第二弾!


SPONSORED LINK

“ボールペンとSAIで簡単LINEスタンプの作り方~お絵描き編~” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です