公式LINEスタンプ、クリエイターズスタンプ、それぞれたくさんの種類が出ているLINEスタンプ。

個人で作ったものを登録できるのがクリエイターズスタンプです。

自分で描いた絵がLINEスタンプになって、友達との会話に使えたら楽しいですよね。

この記事ではどこにでもあるボールペンと、お絵かきソフトSAIを使った、1000~5000円くらいでできる簡単なLINEスタンプの作り方を紹介したいと思います。

3回に分けて紹介します、内容は以下になります。

~準備編~
1.作るイラストの種類と枚数
2.準備するモノと値段

~お絵描き編~
1.線画を描く
2.スキャナで取込み
3.色を塗る

~登録編~
1.画像サイズの調整
2.LINE Creators Marketに登録

この方法は自分がいろいろいじって見つけた方法なので、もっとイイ方法や別の方法があるかもしれませんが、参考になればと思います。

1.作るイラストの種類と枚数

LINEスタンプはLINE Creators MarketというLINEのサービスに、自分で描いたイラストを登録することで販売できます。

登録するためには以下のイラストを用意します。

画像の種類 枚数 サイズ
スタンプ 40枚 横370px×縦320px
メイン(マーケットに表示される) 1枚 横240px×縦240px
トークルームタブ(LINEで表示される) 1枚 横96px×縦74px

全部で42枚の画像を用意すればLINEスタンプを出すことができます。

メイン画像とトークルームタブの画像はサイズが異なるので注意です。

完成した時のイメージはこんな感じになります。

2.準備するモノと値段

まずLINEスタンプを作るにあたって、以下のモノを用意します。

用意するモノ 値段
シャープペン 約100円
ボールペン 約100円
A4の紙 約100円
SAI 約5000円 ( 試用期間が30日あるので、その間なら無料 )

SAI以外は100均のものでも十分です。

ボールペンは身近ですぐに手に入って誰にでも使いやすこと、重ね書きすることでイイ感じの手書き感が出ることから選んでいます。

SAIは多くの絵描きさんが使っているお絵かきソフトです。線がなめらかで動作も軽く、色も綺麗で使いやすいです。

5000円でライセンスを買うとその後更新などなくずっと使うことができます。

動作が軽くて安定しているのでちょっとした作業は全部SAIを使っています。オススメです。

無料でダウンロードできるGIMPというフリーソフトを代わりに使ってもいいかもしれません。

つづく

ボールペンとSAIで簡単LINEスタンプの作り方~お絵描き編~

ボールペンとSAIで簡単LINEスタンプの作り方~登録編~

夏休みだ!のんびりくらげのLINEスタンプ第二弾!


SPONSORED LINK

“ボールペンとSAIで簡単LINEスタンプの作り方~準備編~” への3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です