ちちんぶいぶい~秩父にいこう~♪という歌の土屋太鳳さんのCMでおなじみの秩父。

秩父では食べ物はホルモン焼き蕎麦日本酒などが有名です。

そして「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の聖地でもあります。

これ以外にも祭りが年に300回近く開催されていたり、温泉があったり、長瀞までいくとラフティングができたりと、自然豊かなよい所です。

今回はそんな秩父で散歩がてらあの花の聖地を巡ってきました。

電車での行き方すごく美味しいお蕎麦屋さんの情報とともに、実際に行った秩父情報書いていきます。

秩父はお酒が有名なところでもあるので電車で行こうという方も多いのではないでしょうか、ぼくらはそれを理由に電車で向かいました。

電車での行き方

到着を目指す駅の名前は西武秩父駅になります。

西武秩父駅は池袋から出ている西武池袋線に乗っていくことができます。

ミソになってくるのは特急で行くか普通路線で行くかです。

この2通りどちらでも向かうことができます、違いは料金と時間です。

1.特急の場合

レッドアロー号という特急列車が池袋から出ています。

特急券と指定席券がいるため池袋~西武秩父だと1,500円程かかります。

時間は池袋発だと1時間20分程。

ちなみに所沢初だと60分程です。

乗り換えなしで行くことができます。

2.普通路線

急行や各停などの風通路線に乗っていく方法です。

この場合、池袋~西武秩父の料金は800円程です。

時間は池袋間が1時間45分程。

所沢発だと1時間20分程です。

西武池袋線、西武秩父線の乗り継ぎがあり、だいたい飯能で乗り換えます。

30分ほど早くつける!快適に行きたい!場合は特急に乗っていくとよいですね。

ぼくはお盆の昼ころに普通路線で行きましたが、普通に座れて、のんびり行くことができました。

秩父の観光スポット

西武秩父駅を出発地点として、秩父神社から秩父大橋を巡るルートを散歩しました。

1.祭の湯

西武線で西武秩父駅に着くと、綺麗な駅舎がお出迎えしてくれます。

建物、壁、照明が綺麗です。

駅を出るとすぐに2017年の4月にできたばかりの「祭の湯」に入ることができます。

駅とつながっていて、温泉施設(大江戸温泉物語や万葉倶楽部に近い)やフードコート、お土産屋さんが入っています。

めんまがいました。なぜこの顔に。

内装が綺麗で、ビールや日本酒が飲めるお店もあり楽しいところです。

酒匠屋台という立ち飲みができるお店でビールと豆腐をいただきました。

2.秩父神社

西武秩父駅から歩いて10分ほどのところに秩父神社があります。

あの花でじんたんとめんまが座っていたところですね。

西武秩父駅から二駅の秩父駅からもいけますが、歩いていける距離なので歩いていってみました。

神社の向かいにあるバス停前には「ここが聖地だ」と言わんばかりの何かが。

3.すごく美味しい蕎麦屋「わへいそば」

秩父神社から秩父大橋に向かうまでに「わへいそば」でお昼を食べることに。

どうやらすごく有名なお店のようで、ここでなんと1時間半も待ちました

人が多くてそのまま並んでしまう人もいるみたいでしたが、客待ち名簿があるので名前を書くのを忘れると悲しいことに!

順番にお店の人が呼んでくれるので待ちます。

このタイミング、外が強い雨だったのでチラシで外観を。

和風な作りでよい感じです。

座敷、テーブル、カウンターがありますがどこで食べてもよいですね。

蕎麦はくるみ汁のそばが特徴的で、まろやか~な味。

くるみ汁 + 天ぷらそばを食べました、とてもおいしかったです!

待ったかいがありました。

お酒も置いてあり、焼酎のそば湯割りというのがあったので飲んでみました。

よい香りです。グラスも素敵。

4.秩父大橋 & 旧秩父大橋

蕎麦屋をあとにし、秩父大橋へ。

秩父駅の前からだいたい30分程歩くと秩父大橋です。

車が通ることができる秩父大橋、歩行者専用の旧秩父大橋が並んだ場所です。

あの花で一番有名な聖地はきっとここですよね。

ここが旧秩父大橋で、奥に見えるのが秩父大橋です。

めんまが楽しそ~に立っていた手すりの下は・・・。

高い!めんますごい!

5.駅前の飲み屋「福助」

秩父鉄道の線路を眺めたりして再び西武秩父駅に戻りました。

単線が綺麗です。

西武秩父駅の付近は駅のフードコート以外にも食事処がいくつかあり、検索したら上の方に出てきた福助というところに入ってみました。

駅のほんと目の前にあります。

秩父はホルモン焼きが有名ということでさっそく注文することに。

おいしい・・・。

日本酒もおいしい・・・。

他にもいろいろメニューがあって、写真を撮り忘れましたが、みそポテトもすごく美味しかったです。(むしろホルモン焼きよりみそポテトが美味しかった)

 

帰りは普通路線だと30分に1本くらいの感覚になっているので、ちょっと注意が必要です。

この後普通路線で寝ながら帰りました。

ごはんが美味しく、のんびり食べ歩きをしながら聖地を巡るのがとても楽しい街、秩父でした。

おしまい


SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です